情報の森

情報の森

わが国における医療制度としての歯科は、701年の大宝律令の医疾令で「耳目口歯科」として確立されたことに始まります。
それが室町時代初期には「口歯咽喉科」、室町時代末期から安土桃山時代には「口歯科」となり、それが室町時代末期から江戸時代にかけて、入れ歯だけを専門的に作る「口中入れ歯師」と医学全般を修得した上で抜歯や口中の治療を行う「口中医」に分かれたのです。
1874年(明治7年)には、明治政府によって東京・京都・大阪の三府で「医術開業試験」が実施されましたが、「歯科」という名称ではなく「口中科」の一専門医として位置付けられていました。
1875年(明治8年)4月には、わが国初の「歯科専門」の医術開業試験が行われ、小幡英之助が合格者第一号になりましたが、当時は歯科医師という身分は法令上になく、歯科医術として登録されたのは同年10月のことです。
戦前においては、歯学教育は医科大学では6年制でしたが専門学校においては4年ないしは5年制で行われていましたが、第二次世界大戦後の1946に行われた学制改革で、専門学校は新制の歯科大学として医科大学と同じ6年制になりました。
今日までの歯科としての治療は、患者を対象とした「心身全般の疾病の治療」である一般医療とはやや異質であり、「機器・器材による歯および歯周辺組織の疾病の治療」とみられてきたという側面があると言われます。
しかし近年、急激な高齢化の進行と医療に関する研究の進歩によって口腔と全身の関係性の大きさが注目されてきました。そのことで、現在の歯科医療は、「機器・器材による歯および歯周辺組織の疾病の治療」にとどまらず、幅広い口腔領域における疾患を対象とする歯科医療へと変化しています。

 

大島に評判の歯医者もあります。さくら歯科

続きを読む≫ 2015/02/19 18:04:19 歯科

フランチャイズでお店の数を全国に増やして行きおたからやは全国でも有名な時計買取専門店の一つになっていきました。
全国な主要な地域には店舗を構えていますし、ほとんどのお店が駅から近い場所にあったり、アクセスが良い場所にあったりするのでとても便利です。
私は時計を誕生日プレゼントとして貰ったのですが、既に同じ時計を持っていました。

 

折角プレゼントをしてくれたので、その人には既に同じ時計を持っていることを言う事ができず、だからと言ってクローゼットに眠らせておくのは勿体無い気がしました。プレゼントしてくれた人には申しわけないけれども、ブランド時計を買い取りしてくれる専門店に売る事を決めました。
初めてブランド時計を売るので、どこに売ったら良いのか右も左も分からない状態でしたが、おたからやに時計を持ち込みしたら、とても感じが良い鑑定士が納得がいくまで査定のポイントを話しながら金額を出してくれました。

 

しかし、果たして出してくれたその金額がどのくらいなのかが分かりませんでしたので、一度他のブランド時計を買い取りしてくれる専門店に持っていくことにしました。
そして他のブランド買取のお店に査定をしてもらいましたが、おたからやで査定してもらった金額よりもはるかに低い金額でしたので、驚きました。急いでおたからやへ引き返し、先ほどの査定額で買い取ってもらう事にしました。

 

直ぐに現金が手元に入った気持ちになり嬉しかったです。折角売るのでしたら高く買い取ってくれるおたからやに売りませんか。

 

 

 

続きを読む≫ 2014/06/20 15:45:20 買取

ホーム RSS購読 サイトマップ