情報の森

情報の森

歯科医になるには国立大学や私立大学の歯学部に入学試験を受けて入学して6年間勉強して卒業することから第一歩が始まります。
大学を卒業しますと医師法で定められている歯科医師の国家試験を受験してパスしますと歯科医師の資格が得られます。

 

大学での6年間の学費は私立大学ですと2000〜3500万円になりますし、国立大学では300万円になりますが、これに加えて在学中の生活費もかかりますし教材なども必要になりますので歯科医師になるには多額の投資金額と長い時間が必要になります。

 

しか歯科医師国家試験に受かりますと研修医として研修施設認定を持っている大学病院か歯科医院で1年間見習いをします。
一般的に独立開業を目指す場合には、独立する前に大学病院で2〜3年間の研究活動を行なって勤務医になって臨床医としての経験を積みます。

 

このように大学での6年間と研修医としての2〜3年間の長い期間と必要な金銭を考えますと相当に大きな投資金額がかかります。
しかし、現状の日本での歯科医院の運営状態を観察しますと、これほどの投資をして歯科医師の資格を取得しても投資金額を回収できるとは限らない状態になっています。

 

その原因は一時の歯科医師が不足した状態を解消するために政府が決定した「歯科医増員政策」で歯科医師数が患者数に対して増えすぎたために起きています。

 

いわば、歯科医院が過剰になっていて患者の奪い合いのような現象が起きているのです。
特に、東京などの大都市圏や一部の地方都市に集中しておりますので歯科医院を開業するには立地と歯科医院の件数などの十分な調査が必要です。

 

また、一時のような「歯科医師は儲かる」という事はありませんので自分の方向性を考えるときには充分に歯科医院の需給関係を知った上で決断してください。
梅田 歯科 インプラントなら須田歯科

続きを読む≫ 2013/08/27 17:08:27 歯科

従来あり得なかった、顧客に対する「心のサービス」は、今後質屋が生き残っていく上で、数字以上に重要なファクターであると考えられます。しかしそれ以外にも、質屋が生き残るための道はあらゆる角度から模索されています。

 

そのひとつに当たるのが、「オークション」です。オークションとは言っても、私たちが知る「インターネットオークション」とはまた別物で、これは、地域ごとの質屋組合が行うオークションであり、その地域の質屋がオークションに参加することで、リサイクルショップや金買取ショップなどと関係をより密接なものにしようという試みが質屋の間で広まりを見せているのです。

 

これにより、どこか親戚のような関係にあった、「金買取ショップ」との関係が新たに構築されるようになってきたのです。これは質屋にとっては非常に大きなメリットとなるのです。というのは、かつての「競売」という閉じられた競りから、オークションという開かれた競りに変化したことにより、参入市場が飛躍的に拡大していったというのがその背景にはあります。
金 買取 大阪 おたからや

 

近年、「リサイクル」という発想に向けられた熱い視線は、もはや国民的なレベルとも言えるほどです。その意味では、現在進行形で衰退の一途をたどる質屋の素晴らしさが、現代だからこそもっと発揮されても不思議はないと個人的には考えています。そのためには、より優れたノウハウを、たとえそれが別の業界であっても貪欲に取り入れることによって、質屋が再生する道を模索するという選択肢はあながちまったく考えられない選択肢ではないと思います。

続きを読む≫ 2013/06/27 16:40:27 買取

ホーム RSS購読 サイトマップ